Windows

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行

スポンサーリンク

 
【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 私困 232x300
困っている人
外字の設定移行の方法を教えてほしい
上記のお悩みを解決します。

本記事の内容

        
  • 外字の設定移行の方法をご紹介
 
それでは、本題に入ります。

 

eudc.tteとeudc.eufを移行する

 
外字のフォントは、『eudc.tte』と『eudc.euf』になります。
 
  1. eudc.tte
  2. eudc.euf
 
移行元のeudc.tteとeudc.eufの場所です。
 

メモ

\\PC名\c$\Windows\Fonts
 
【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 1 外字の設定移行
 
 
もし、自分のPC名がわからない場合は、次のように調べます。
 

step
1
PCを右クリック→プロパティ

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 3 外字の設定移行
 
 

step
2
コンピューター名が表示されます

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 4 外字の設定移行
 
 

step
3
『eudc.tte』と『eudc.euf』のファイルを移行先のDドライブ直下に貼り付け

 
【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 2 外字の設定移行
 
 
今回は、Dドライブ直下に貼り付けしましたが、任意の場所で構いません。(Dドライブから変更した場合は、あとでご紹介するコマンドプロンプトに記述するパス名も変更してください。)
 

設定移行にはコマンドプロンプト

コマンドプロンプト(管理者で実行)を使用して、移行します。
 

step
1
『Windowsシステムツール』→『コマンドプロンプト』→『その他』→『管理者として実行』

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 5 外字の設定移行
 
 

step
2
下記のコードを貼り付け

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 6 外字の設定移行
 
もし、『eudc.tte』と『eudc.euf』が存在しない場合は、『指定されたファイルが見つかりません』と表示されますが問題ありません。
 
 

step
3
エンターを押下でコピペ完了

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 7 外字の設定移行
 
 

step
4
『exit』を入力してコマンドプロンプト終了

【外字設定移行】コマンドプロンプトを管理者で実行 8 外字の設定移行
 

確認方法

step
1
ファイル名を指定して実行を『Windowsキー』+『Rキー』で開く

step
2
『eudcedit』と入力することで、外字が開く

step
3
移行した外字が表示されたらOK

まとめ

外字の設定ファイルは、『eudc.tte』と『eudc.euf』の2つです。

  1. eudc.tte
  2. eudc.euf

 

『eudc.tte』と『eudc.euf』の2つのファイルをコマンドプロンプトを管理者で実行してコピペします。

ポイント

2つのファイルをコマンドプロンプト(管理者)でコピペする

 

外字の設定移行の方法がわからずに、丸一日悩みました。

もし外字の設定をされている方は、参考にしてみてください。以上です。

スポンサーリンク

イチオシのワードプレステーマ

アフィンガー5

画像の説明文

ばらもん。
当ブログもアフィンガー5です

アフィリエイト×SEOに特化したテーマ

豊富な装飾が揃っているアフィンガー5

誰でも簡単にオシャレブログを実現可能!

アフィリエイトブログを作るならコレっきゃない!

-Windows
-

© 2021 ブログ汁