情報システム部門あるべき姿

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ

スポンサーリンク

 

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ 私困 232x300
困っている人
エクセルマクロでマッチング処理をして、リストを自動発行したい

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • エクセルマクロで、マッチング処理→マッチングリスト発行する方法

本記事を読むメリット

  • マッチングを手作業でしている場合、本記事でご紹介しているマクロを使用すると・・・かなりの業務時間を削減することが可能だと考えています。

本記事の根拠

  • 本記事公開時点で、私はシステム開発担当10年目です

それでは、本題に入ります。

エクセルマクロVBAで大量データを比較・照合してマッチングする方法』を一部参考にさせていただきました。

 

マッチングデータ抽出

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ エクセルマクロでマッチング処理

B列・・・チェックされる側(誤の可能性)
E_F列・・・チェックする側(正)
※当たり前ですが、車番は私が適当に数字入力をしたものです。

 

F列を正として、F列には有るがB列には無いものを抽出してリストを発行します。

抽出データがある場合、メッセージボックス出力。

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ エクセルVBAでマッチング処理

 

マッチングリストはこんな感じ。

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ エクセルVBAでマッチングリスト印刷

 

マッチングマクロ(リスト発行機能付き)

本マクロの肝ポイントをご説明します。

 

並べ替えしておくこと

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ 嬉しい 1628739507 1024x682

マッチング処理の肝ポイントはB列、E列、F列を『並べ替え』をしておくことです。

マッチングのときに問題となるのが『空白セル』の存在です。
そのため、空白セルを並べ替え処理で排除してあげることが大事です。

ソースの一部抜粋です。
空白セルを無視してソートしています。(ソートとソースがこんがらがる笑)

 

まとめ

【エクセルVBA】マッチング抽出→リスト自動発行マクロ img 4776
ばらもん。
いかがでしたか?

手作業でマッチング処理をされている場合は、本記事でご紹介したマクロを使うことでかなりの時間とミスを削減することが可能です。
あなたの業務効率化に繋がれば幸いです。以上です。

※本記事でご紹介しているマクロは必ず自己責任で実行してください。

-情報システム部門あるべき姿