ブログの始め方

【http→httpsリダイレクト】初心者がつまづきやすいところ

httpからhttpsへリダイレクトする方法

 

 

ばらもん。
ばらもん。
http→httpsにリダイレクトしたいけど、方法がわからないよぉ

 

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • http→httpsにリダイレクトする方法

こんな方におすすめ

  • グーグルアドセンスに登録をしようと検討中の方

 

それでは、本題に入ります。

 

 

グーグルアドセンスで収益化を考えている人はぜひ読んでください。
なぜなら、グーグルアドセンス申請するときに避けては通れない道だからです。

注意

グーグルアドセンス登録URLは『http://のwww.なし』で登録必要

解説します。

 

リダイレクトが必要な理由

繰り返しになりますが、グーグルアドセンスは『http://のwww.なし』でしか登録できません。
そのため、『https://のwww.あり』へリダイレクトさせる必要があります。

ポイント

http://のwww.なし
↓リダイレクト必要
https://のwww.あり

見落としがちですが『SSL化』は必須です。
もし『SSL化』していない方は、早めの設定をオススメします。

 

『SSL化』していないサイト

リダイレクトをさせるためには『pubulic_html』フォルダ内にある『.htaccess』ファイルにリダイレクトする命令を追記すれば良いです。

ばらもん。
ばらもん。
意味わかりますか? 初心者の頃の私はわかりませんでした

 

リダイレクトの手順

『.htaccess』を編集してアップロードする作業は、FTPアプリを使用します。
私は『FileZilla』というFTPアプリを使っています。

『FileZilla』を使った『.htaccess』の編集方法を画像付きでまとめています。
下記の記事を参考してください。

ばらもん。
ばらもん。
『.htaccess』ファイルに、下記を追記します

 

『.htaccess』ファイルへの追記が完了したら、『FileZilla』で元あった場所に上書きアップロードして終了です。

 

まとめ

 

FTPツールを使って、ファイルをダウンロード・アップロードする作業に抵抗がある初心者の方は多いです。
しかし、FTP操作は覚えておいて損はありません。

案外、操作してみたら簡単ですよ。

仮に『.htaccess』ファイルを壊してしまった場合でも、コピー元ファイルさえあれば復旧は簡単です。以上です。

※本記事の内容で実行された結果について、筆者は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。必ず自己責任で実行してください。

-ブログの始め方