\期間限定/
当ブログ限定特典に『Amazonギフト券1,000円』を追加中!

AFFINGER6(特典付き)を手に入れる

(ACTION)AFFINGER6の購入方法&インストール方法は→『【AFFINGER6特典付】購入~インストールまでの流れを詳しく解説!

(ACTION)AFFINGER6のオススメ設定は→『【AFFINGER6設定】この4つでライバルたちを突き放せ!

\期間限定特典(公式)/
『SUGOI MOKUJI(すごいもくじ) [LITE]』
※公式特典は予告なく終了する可能性があります

さらに!
2022年1月31日まで10周年キャンペーンが開催中です!

\ 2022/1/31まで 53,400円 → 29,800円(△23,600円)/

【まとめ買い】ACTION PACK3 - AFFINGER6EX版(特典付き)を手に入れる

こんなにもお得なキャンペーンは、珍しいと感じています。

さぁ!行動(ACTION)を起こしましょう!

SWELL(スウェル)

【SWELL高速化9選】モバイル99点・デスクトップ100点

スポンサーリンク

 

 

ばらもん。
SWELLの高速化設定を教えてほしい

 

上記のお悩みを解決します。

 

本記事の根拠

  • SWELLでモバイル99点、デスクトップ100点を取りました

こんな方におすすめ

  • SWELLの高速化設定が知りたい方

 

それでは、本題に入ります。

 

SWELL高速化するためにする9つのこと

モバイルスコア

デスクトップスコア

SWELLを高速化するためにすることは下記の9点です。

効果が高いと感じた順番に並べています。

 

 

SWELL高速化のためにやること9選

  1. contact-form-7の読み込み制限
  2. reCATPCHAの読み込み制限
  3. SWELL高速化設定
  4. フォントの変更
  5. WEBPへ変換
  6. サーバーを高性能に変更
  7. 不必要プラグインの削除
  8. リビジョンデータの削除
  9. ピックアップバナー等を非表示

 

順番に解説をします。

 

contact-form-7の読み込み制限

contact-form-7は、全ページで読み込まれています。

 

全ページで読み込まれている分、WordPressが重たくなっています。

そのため、contact-form-7を使うページだけ読み込みをするようにします。

functions.phpを編集します。
失敗すると画面真っ白になるので、バックアップは必須です。

 

私は、contact-form-7を使うページが3つあるので下記のように記述しました。

 

下記のコードをfunctions.phpに追記

 

 

 

contactform7を必要なページにのみ読み込む』を参考にさせていただきました。

※contact-form-7のバージョンアップにより、functions.phpに記述する内容が変わっています。
contact-form-7の制限をかけている方は、ご確認することをオススメします。

 

contact-form-7の制限が効いているのか?確認方法は下記

Googlechromeで自分のブログを開く

右クリックで『検証』をクリック

ctrlキー+Fキー同時押して『contact-form-7』を入力してエンター
(該当あれば、〇of〇と出ます)

 

reCATPCHAの読み込み制限

reCATPCHAも全ページで読み込みされています。
スパム対策のために、reCATPCHAはお問い合わせページにだけ設置すればよいと考えています。

contact-form-7同様に、reCATPCHAを読み込むページを限定します。

下記のコードをfunctions.phpに追記します。
失敗すると画面真っ白になるので、バックアップは必須です。

 

contact-form-7のイチバン下に追記

 

WordPressのContact Form 7にreCAPTCHA v3を追加して迷惑メール対策 | Free Style (blanche-toile.com)』を参考にさせていただきました。

 

 

『先頭に戻るボタン『と『reCAPCHAボタン』が重なるので、reCAPCHAボタンを左に移動しておきます。

下記をSWELL追加CSSに追記

外観 > カスタマイズ> 追加CSS

 

invisible reCaptcha for WordPressを使うよりも、スコアは良くなると感じています。

 

SWELL高速化設定

SIMPLE SEO PACKの高速化設定の一例

『SIMPLE SEO PACK』でSWELLの高速化設定をします。

【SWELL高速化】SEOに強い最速設定方法!これ以上は無理【99/100】』を参考にさせていただきました。

 

フォントの変更

フォントの変更をします。

ヒラギノゴシック>メイリオへ変更します。

フォントの変更箇所は下記

「外観」>「カスタマイズ」>「サイトの全体設定」>「基本デザイン」

 

WEBPへ変換

画像をWEBPへ変換します。
私が使ったプラグインは『EWWW Image Optimizer』です。

最適化ボタンを押すとなんと・・・。

【Luxeritasルクセリタス高速化】スマホの表示速度改善したよ』の記事を参考にしてください。

 

エックスサーバーに変更

当ブログは『エックスサーバー』を使っています。
エックスサーバーで下記の機能を使っています。(X10プランに標準搭載です)

サーバー&ブラウザキャッシュ機能

エックスアクセラレーター(高速×安定化)

下記のページにエックスサーバーをくわしくまとめています。
バックアップ機能も標準搭載なので、安心・安定・高速のサーバーだと感じています。

\私が使っているX10プラン/
月間税込990円=3年一括払いがイチバンお得!

エックスサーバー8つのメリット&WordPressを移行した3つの理由

 

不必要なプラグインの削除

SWELLに不必要なプラグインを削除しました。
私が高速化を機に削除したプラグインは、下記の2点です。

 

削除したよ

TinyMCE Advanced

Akismet Anti-Spam(reCAPCHA導入のため)

 

SWELL開発者の了さんが、SWELLに不必要なプラグインと推奨プラグインをまとめてくれています。

\SWELLを使われている方は、必読レベル/

SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて | WordPressテーマ SWELL (swell-theme.com)

 

リビジョンデータの削除

リビジョンデータを削除しておきます。
使用するプラグインは『WP-Optimize』です。

 

確認してみるとゴミがたーーっくさん溜まっていました。
きれいさっぱり最適化します。

 

ついでに、クリーンアップ予約も設定しておきます。

 

ピックアップバナー等を非表示

SWELLには、記事個別にピックアップバナー等を非表示する機能があります。
アイキャッチやサイドバーも非表示にすることができます。

多少なりともスコアは上昇すると考えています。

 

まとめ

AFFINGER6とSWELLの両方を使っている私は、SWELLの方が高速化しやすいと感じています。

 

ばらもん。
SWELLのキャッチコピーが『シンプル美と機能性の両立』っていうくらいですからね

 

SWELL標準搭載の『SIMPLE SEO PACK』の存在も大きいです。
『SIMPLE SEO PACK』は、SWELL開発者の了さんが開発したプラグインなだけあって、SWELLとの相性はバツグンです。

 

SWELLは、さらなる高速化の可能性を秘めています。

\SWELL開発者の了さんSWELL高速化についてのツイート/

当ブログで使っているAFFINGER6でも、モバイルスコアを99まで上げることは難しいと感じています。(実際にできていません・・・)
その点、SWELLは比較的簡単に高速化をすることができることが魅力ですね。以上です。

私は2つのブログを運営しています。

  1. 当ブログ(AFFINGER6)
  2. 雑記ブログ(SWELL)

 

AFFINGER6とSWELLを同時に使っている私は、『SWELL』をオススメします。

 

ポイント

デザインや操作性を求めるなら→『SWELL』

カスタマイズやアフィリエイトを追求するなら→『AFFINGER6』

なんといっても、AFFINGER6は4件目からのアフィリエイト報酬が7,000円なことが大変魅力的です。

AFFINGER6かSWELLかどちらを有料テーマ選びで悩まれている方は、下記の記事をご覧ください。

あなたのテーマ選びのお役に立てるはずです。

【AFFINGER6とSWELL】比較!この5つだけ抑えておけばOK!

-SWELL(スウェル)